MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

みらかホールディングス(4544) 増収増益基調は持続しているが中期計画の進捗に出遅れ感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/13 09:00

<遺伝子学的検査を行う米社へ出資 >
(1)臨床検査薬(売上高の22%)、(2)受託臨床検査(同64%)(3)ヘルスケア関連(同14%)が3本柱。売上高は最近実施した内外のM&Aにより成長を持続しているが、利益は国内、海外とも単価下落により伸び悩んでいる。第4次中期計画(15/3期-18/3期)の初年度となる15/3期は小幅増収増益となったものの出遅れ感が強い。15年2月遺伝子学的検査を行うベイラー(BMGL)に60%出資。 TIWは同社のM&A戦略を評価、ここ数年ポジティブに見てきたが、売上、利益が本格的に回復するまでは中立としたい。・・・(森田 青平)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
スズキ(7269) 15/3期は減益も16/3期はインドなど海外販売拡大により増益復帰を図る
富士重工業(7270) 主要北米中心に販売が好調で増益基調に変化なし、強気を継続
トヨタ自動車(7203) 会社期初予想は従来通り保守的印象だが物足りなさが残る
日信工業(7230) 営業利益実質横ばいの会社計画は保守的な印象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5