MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ワコム(6727) スマホ向け、タブレット向けペンセンサーの不振が業績の足かせに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/14 18:00

<投資評価は2に引き下げ>
2015年3月期3Q(14年10-12月)の業績回復が好感され急速な戻りが実現した同社株だが、15年3月に入り業績の鍵を握るサムスン電子のスマホの販売不振が表面化、同社向けスマホ用ペンセンサーの出荷が急落し、株価も再び400円台をうかがう水準まで下落した。タブレットPCも含めてサムスン電子向けコンポーネントへの依存度は高く、今後も出荷の繰り延べや数量の削減リスクがつきまとう。依存度を引き下げる施策を進めてはいるものの、これには時間がかかりそう。このため、サムスン電子の2016年におけるスマホ製品の概要が明らかになる今秋以降まで様子をみる必要があり、投資評価を[2+]から中立の[2]に引き下げる。・・・(杉山 勝彦)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
みらかホールディングス(4544) 増収増益基調は持続しているが中期計画の進捗に出遅れ感
サンデン(6444) 自動車機器体質改善が進む、流通システム堅調も相まって伸び余地は大きい
スズキ(7269) 15/3期は減益も16/3期はインドなど海外販売拡大により増益復帰を図る
富士重工業(7270) 主要北米中心に販売が好調で増益基調に変化なし、強気を継続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5