MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

東洋ゴム工業(5105) 北米SUV用タイヤ販売好調により順調にスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/15 18:00

 <投資評価を「2+」へ引き上げる>
投資評価は前回レポート時に建築用免震積層ゴム性能偽装問題への不透明感から「1」→「2」へ引き下げた。ただし、今般15/12期1Q(1-3月)決算を踏まえ「2+」へ引き上げる。
理由は(1)同問題への対処費用140億円の引当計上並びにこれによる純利益予想90億円の下方修正で、まだ訴訟リスク等が残るとはいえ、概ね同問題の業績影響が明らかとなった。(2)同業他社が苦戦する中で1Qは営業段階で2桁の増益を確保した。(3)高付加価値の大口径タイヤ販売好調、ブランド重視の販売戦略による増益基調が続いていることを1Q決算は印象づけた。(4)ROEとPBRの相関から指標面が割安。などによる。
・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
ワコム(6727) スマホ向け、タブレット向けペンセンサーの不振が業績の足かせに
みらかホールディングス(4544) 増収増益基調は持続しているが中期計画の進捗に出遅れ感
サンデン(6444) 自動車機器体質改善が進む、流通システム堅調も相まって伸び余地は大きい
スズキ(7269) 15/3期は減益も16/3期はインドなど海外販売拡大により増益復帰を図る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5