MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

住友ゴム工業(5110) 1Qは大幅営業減益、スタートは低調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/15 18:00

 <投資評価は「2」に引き下げる>
7日公表の15/12期1Q(1-3月)決算は大幅営業減益となった。上期営業利益計画に対する計画遂行率は40%に止まる。2Q(4-6月)数量は1Qから上向く季節性があり、原材料安が引き続き追い風とはいえ、注力する新興国市場の需要が伸びあぐねており、競争激化などから価格低下が依然厳しい状況が続いていることなどを踏まえると上期計画達成はチャレンジングになったという印象が否めない。このため、投資評価を引き下げる。ただし、指標面(16/12期TIW予想ROE12.08%、予想PER9.8倍)が割安から中立に止める。先ずは会社想定どおり2Qが上向くか否かに注目したい。
・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
東洋ゴム工業(5105) 北米SUV用タイヤ販売好調により順調にスタート
ワコム(6727) スマホ向け、タブレット向けペンセンサーの不振が業績の足かせに
みらかホールディングス(4544) 増収増益基調は持続しているが中期計画の進捗に出遅れ感
サンデン(6444) 自動車機器体質改善が進む、流通システム堅調も相まって伸び余地は大きい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5