MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

椿本チエイン(6371) 15/3期は4事業揃って増益、16/3期は踊り場入りの計画だが従来どおり保守的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/20 18:00

<収益向上余地大きく、投資評価は「1」を継続>
18日、15/3期決算説明会を開催。15/3期は全事業が増収増益、計画を上回る増益で着地し、年間配当予想を上方修正した、などがポジティブ。自動車部品やチェーン事業を中心に一段の競争力強化に向け高水準の投資を見込む16/3期会社計画は踊り場を迎える想定だが、従来どおり保守的で計画以上の増益となる公算が大きい、自動車部品を中心に中期的に収益向上のモメンタムが強いとの見方に変化はない、16/3期TIW予想ROE10.91%、予想PER11.9倍など指標面が割安、などから投資評価は「1」を継続。・・・(高田悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
浜松ホトニクス(6965) 光半導体や画像計測機器が強含み。株価の見方は不変
東海理化(6995) 全ての地域で黒字を確保、拡販が順調、品質関連費用も減少傾向
田辺三菱製薬(4508) 特許満了への対応策が焦点
ブリヂストン(5108) 1Qの営業利益は前年並みに止まったが大きな懸念はないと考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5