MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ミツバ(7280) 16/3期は全地域で増収増益を見込み営業過去最高益更新を計画

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/22 18:00

 <成長余地高く、投資評価は「1」を継続>
21日、15/3期決算説明会を開催。15/3期は日本、米州、欧州、アジア、中国の全地域セグメントで増収増益となり、会社計画を上回る大幅営業増益で着地し、年間配当予想を引き上げた。16/3期も四輪市場が北米以外の地域で伸び悩むと想定される中で、前期に続き全地域で増収増益を会社が見込んだことはポジティブに評価できよう。背景としてメガサプライヤーとの厳しい競争の中で主力ホンダ(7267)、日産自動車(7201)に加え、VWグループ、トヨタ自動車(7203)グループなどへ視界系や環境関連製品の拡販が進んでいる、アジア二輪でスクーター比重の高まりからACGスターター販売が増加基調にある、などが指摘できる。以上から中期的成長余地は高く、16/3期TIW予想PER10.0倍など指標面も依然割安から投資評価は[1]を継続する。・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
豊田合成(7282) 今期も踊り場の会社想定だが投資収穫期を迎える来期以降に期待したい
椿本チエイン(6371) 15/3期は4事業揃って増益、16/3期は踊り場入りの計画だが従来どおり保守的
浜松ホトニクス(6965) 光半導体や画像計測機器が強含み。株価の見方は不変
東海理化(6995) 全ての地域で黒字を確保、拡販が順調、品質関連費用も減少傾向

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5