MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

太平洋工業(7250) 16/3期は攻めに転じ先行費用が嵩む中での踊り場と考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/28 18:00

 <株価は堅調だが依然評価不足、「1」を継続>
21日、決算説明会を開催。15/3期は計画を上回る2桁営業増益、過去最高益を更新し着地した。15/3期の年間配当予想を引き上げ、説明会では未定としている16/3期配当に関しても基本的には株主還元強化を図る意欲があることを示した、などがポジティブ。1)会社16/3期計画は踊り場を迎える想定だが、「守りから攻め」に転換し、先行費用が嵩むことが大きく影響しており、それでも営業過去最高益の見込み、2)会社計画には上ぶれ余地がある、3)高シェア、高採算のバルブ製品をベースにアジア地域でのプレス・樹脂製品拡販やTPMS(タイヤ空気圧監視システム)製品市場拡大を追い風に成長余地は大きいとの見方に変化はない、などに加え、最近の株価上昇にも関わらず指標面も依然割安(16/3期TIW予想ROE8.02%に対し実績PBR0.81倍など)から強気を維持。目標株価は先ずはPBR1倍の1,400円程度をする。"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
アサンテ(6073) 消費マインドの改善傾向を受け、業績は安定成長軌道を取り戻そう
カシオ計算機(6952) 時計の好調が持続。株価上昇により今後の見通しを変更
ユタカ技研(7229) 先行費用が嵩むが、海外数量増・合理化などにより過去最高益更新を計画
VTホールディングス(7593) 悪条件が重なった前期から営業段階2桁の増益を計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5