MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ニッパツ(5991) 16/3期は全事業が上向く、営業過去最高益更新を計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/29 18:00

 <投資評価は「2+」を継続>
投資評価はアウトパフォームを継続。理由は(1)15/3期は北米生産問題収束により4Q(1-3月)のみでは増益に転じた、(2)PC需要伸び悩みを背景にHDD用サスペンションの事業環境は厳しいが高付加価値品への注力、事業の自動車関連への拡がりなどにより精密部品事業が増益基調にあることが評価できる。(3)16/3期は全事業が増収増益となり営業過去最高益更新の見込み。(4)17/3期以降はシートを中心とした海外での受注増と精密部品の安定成長により増益基調との見方に変化がない。などから16/3期TIW予想ROE9.18%に対し実績PBR1.37倍の株価は割安と判断した。・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
太平洋工業(7250) 16/3期は攻めに転じ先行費用が嵩む中での踊り場と考える
アサンテ(6073) 消費マインドの改善傾向を受け、業績は安定成長軌道を取り戻そう
カシオ計算機(6952) 時計の好調が持続。株価上昇により今後の見通しを変更
ユタカ技研(7229) 先行費用が嵩むが、海外数量増・合理化などにより過去最高益更新を計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5