MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

アインファーマシーズ(9627) 調剤薬局の再編が進む中、M&Aによる成長余地大

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/06/10 18:00

 <店舗網拡大によりトップラインを確保 >
当社の成長戦略は店舗網拡大によるトップラインの確保。門前薬局の出店、医療モールへの進出、M&Aにより拡大を持続しているが、最近はとりわけM&Aがその中核を担う。15/4期は2桁増収増益を確保、16/4期もその実勢を引継ぐ見込み。同社のM&A戦略は堅実であり、のれんの償却等による負担はそれ程大きくない。中長期的に調剤薬局の再編成が予想される中、後発医薬品の使用、調剤自動化などの業務効率化が進む同社は成長余地大と考える。投資評価は2+継続。・・(森田 青平)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
いすゞ自動車(7202) 環境は厳しいが海外CV伸長、タイLCV輸出増などから業績は堅調
東プレ(5975) プレスで先行費用が重いが受注はプレス、冷凍車ともに好調
帝国電機製作所(6333) 今期も期初計画は保守的な印象。株価の見方は不変
日本光電(6849) 中期成長に対する見方は変わらず。株価見通しも従来通り

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5