MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

NOK(7240) FPCのスマートフォン次世代向け立上がりと受注動向の見極めが重要となろう

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/06/16 18:00

 <投資評価を中立に引き下げる>
前回レポート時から株価は1割強上昇。16/3期TIW予想ROE10.26%に対し実績PBRで1.75倍の株価は、16/3期は踊り場入りするとはいえ、会社計画は既に現行中期経営計画目標値を上回り、加えて上ぶれ余地がある、などの好材料を織り込み、一旦は妥当な水準にあると考える。このため中立に投資評価を修正。変動の激しい電子機器部品事業の後半の業績がFPCの主要顧客次世代スマートフォン向け立上げと受注状況によりどうなるかが今後の株価動向の最大のポイントになると見ており注視して行く。
・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
朝日インテック(7747) 来16/6期も国内外の伸びが持続し、2桁増収増益基調が続きそう
ジーエス・ユアサ コーポレーション(6674) 引き続き、海外拡大とリチウムイオン電池収益改善が増益を牽引
日精エー・エス・ビー機械(6284) 中期成長シナリオに変化なし。株価見通しも従来通り
ヤマハ発動機(7272) 先進国で挽回が本格化し、新興国では収益体質改善が進む

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5