MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

毎月の携帯料金、キャリアのスマホは平均6,342円
MVNO SIMカードユーザーは約半額の3,379円

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/06/28 18:00

 毎月のスマートフォンや携帯の料金をユーザーはどのくらい支払っているのだろうか、いくらなら適正な額と思うのか。MM総研は6月11日、「スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金・通信量(2015年3月)」の調査結果を発表した。スマートフォンユーザーは従来型のフィーチャーフォンの倍以上の料金を支払っていた。また、無料家計簿アプリを運営しているBearTailの調べでは、家計簿を付けている人の方がお金をかける傾向にあることが分かった。

 MM総研によると、2015年3月末のスマートフォン契約数は6,850万件、フィーチャーフォン契約数は5,801万件で総契約数は1億2,651万件となった。スマートフォン契約数比率は54.1%(前年度比7.1ポイント増)。

 毎月の利用料金はフィーチャーフォンユーザーが2,739円、スマートフォンユーザーは6,342円となった。フィーチャーフォンの平均利用料金はスマートフォンの平均利用料金の43%と半額以下となった。MVNO SIMカード利用者の月額利用料金についても分析したところ、音声通話対応MVNO SIMカード利用者は3,379円、音声非対応MVNO SIMカード利用者は1,199円となった。音声対応MVNO SIMカードはスマートフォン平均利用料金の53%で約半額、音声非対応MVNO SIMカードは19%で約5分の1となっていることが分かった。

 今後もスマートフォンの契約は増加すると見ているが、多くはフィーチャーフォンユーザーのスマートフォン移行が続くと見られ、同総研は主要キャリアのスマートフォン向け新料金プランでは「音声通話定額」のみで月額2,700円となり、通話のみで現在の利用料金とほぼ同じ金額を占めるのに加え、データ通信を含めると、より高額になるため、移行をちゅうちょするユーザーが少なくないと懸念している。

 そこで選択肢として有力なのが格安料金を売りにするMVNOサービスへの移行だ、同総研は6月17日、3月末現在の国内MVNO 市場規模の推移についても発表した。総契約回線数は3,045万回線となり、2014年3月末(1,480万回線)に比べ回線数で105.7%増加した。今後も順調に伸びると予測している。

 そんな中、BearTailは5月28日、20代~30代の家計簿を付けている未婚男女270名、家計簿を付けていない未婚男女266名の合計536名を対象にした「金銭感覚に関する調査」を公表した。毎月の携帯料金は付けている人は11,579円、付けていない人は 9,689円という結果に。

 「毎月の携帯料金でこの値段以上は高いなと感じる金額はいくらですか?」と質問したところ、家計簿を付けている人では、「10,000円~15,000円未満」と回答した人が35.9%と最も多く、家計簿を付けていない人では、「5,000円~10,000円未満」と回答した人が33.5%と最も多かった。家計簿を付けている人の方がお金をかける傾向にあることが分かった。

 毎月の料金が高いと感じるか、適正と考えるかは個人個人で違うだろうが、ただ漫然と支払うのでなく、料金プランの見直しや、MVNOサービスの利用も視野に入れて今一度、見直してみるのもよさそうだ。

【関連記事】
スマホ、もう落とさない 守護神「リング型ストラップ」いろいろ
スマホアクセサリー市場が急拡大 女子向けケースから充電器まで品揃えも多彩に
心の疲労回復に「般若心経」を取り入れた商品、 スマホアプリや読経入ろうそく、郷土料理など
「音」を調節する便利グッズが続々登場 クマよけや聴きやすい耳栓、簡易防音室など
ライブを録音、その場で販売「お持ち帰りCD」 ファン心理をつき好評、瞬時完売も

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5