MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

きちり(3082) 15/6期は計画未達の可能性が高いものの、成長に向けた基盤づくりの時

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/06/26 18:00

<投資評価を「2」→「2+」に引き上げる >
理論株価「Fモデル」は新年度(16/6期)以降を視野に置けば740〜750円と推算される。現株価との乖離は小さいものの次の点から投資評価を引き上げる。1)15/6期の計画業績の未達の可能性は織り込まれつつあると考えられること、2)株主優待によるサポートから株価のダウンサイドリスクは小さいと考えられること、3)プラットフォーム事業の基盤強化により収益獲得の可能性が増していると考えられること、4)海外展開の本格着手によって成長ポテンシャルが増しており、バリュエーション面での成長プレミアムの付与が期待できること、が理由である。・・・(藤根 靖晃)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
プロトコーポレーション(4298) 物販関連体質強化とGoo関連収益基盤拡大による業績回復を見込む
アイシン精機(7259) ATが牽引、数量増による増益局面に入るが、目先は中国市場の動向を警戒
国際計測器(7722) 今期から来期にかけ収益の伸び悩む可能性がある
大研医器(7775) 主力製品が今期も収益拡大を牽引する見通し

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5