MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ありそうでなかったユニークな商品あれこれ
ガラスの靴、プリン専用醤油、血液型別化粧水など

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/05 12:00

 こんなモノがあれば、というのは商品化されていくことが多い。では雑談に登場するモノは。最近はこちらも意外と商品化されているようだ。

 必要は発明の母といわれ、暮らしに便利なモノが生まれる。ならばこちらは、どうしても必要というわけではないが、あれば暮らしがもっと楽しくなるのかもしれないモノたちだ。最近、昔から多くの人が一度は想像したり、会話のなかで口にしたことがあるものをモチーフにした商品が注目を集めている。

 まず、男性から大切なあの人への贈り物は童話のあの一品だ。「本当に履けるガラスの靴 エマ」は、シンデレラの物語でおなじみの一足。製作するなかむら硝子工房(東京都中野区)が、8年間の試行錯誤の末に商品化したものだ。型を使用しない同商品は、ガラス職人の熟練した技の結晶であり、完成品は童話と同様に世界に2つとない靴。当然、贈る相手の足にしか合わない。またいつまでも輝き続けるガラスの靴は、永久の愛の証しにもなる。サイズは22.5センチから24.5センチまで0.5センチ刻みの5タイプだが、それ以外のサイズも対応可。価格は1個、税込8万6,400円。

 商品開発のきっかけは、昔からよく語られるあの話だったという。「プリンと醤油でウニになる!?プリン専用醤油(480円・税込、80ミリリットル)」は、老舗のごとう醤油(福岡県北九州市)とヴィレッジヴァンガード(愛知県名古屋市)、YK STORES(福岡県北九州市)のコラボレーションで生まれた。「プリンに醤油をかけるとウニの味がする」という巷の噂を実現するために、醤油職人が幾度となくテイスティングを行い、プリン専用に醸造した醤油だという。なおプリン以外にも、濃厚でコクのある同商品は、卵かけご飯からパスタソースの隠し味、ステーキにも最適とその使い道は多彩とのこと。

 性格だけの話かと思えば、こんな商品もある。メイコム(東京都新宿区)が開発した「Blooty(ブラッティ)ローション」は、血液型別化粧水だ。保湿性の高い成分を共通ベースに、同社の調査研究でわかった例えば乾燥肌/混合肌の比率高めのA型、乾燥肌/敏感肌比率高めのB型など、4つの血液型別にみられるミクロ的な違いを踏まえ、それぞれに異なる成分を加えている。とはいっても同商品は、O型の方がA型用と異なる血液型の化粧水を使っても一向にかまわない。あくまでも遊び心に富んだ商品であり、年齢を問わずスキンケアには頼りになる商品だ。価格は4,104円(税込、150ミリリットル1本)。

 人との円滑なコミュニケーションには、時には適度な遊びの心や冗談のような本当の話など、サプライズ感も重要な要素。他にも商品化の切り口はいろいろありそうだ。

【関連記事】
携帯電話を「圏外」にするグッズ、続々 世界で広がる、人のつながりを大切にする動き
着たままトイレができる寝袋、販売開始
テレビに紹介されて注文殺到! 奄美の島とうふ屋さんに伝統飲料「みき」のことなどをインタビューしました
お遍路グッスのネットショップ「いっぽ一歩堂」 非効率な接客で「一生に一度」モノにリピーター続出
10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5