MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

朝食に話題の商品続々
グラノーラとヨーグルト、朝カステラ、朝カレーなど

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/05 14:00

 いま新たな朝食が注目を集めている。まずはしっかり食べてから。昨今はそんな風潮のようだ。

 近ごろの仕事のスタイルは、朝型が重視されつつある。そうなると大事なのが活力の源となる「朝食」だ。連日のように関連情報が発信され、シリアルの一種であるグラノーラやポテトチップスなどさまざまな食材が、1日のスタートにいかがと名乗りを上げる。そして今夏も、さまざまな商品が登場している。

 大阪では先月6月24日より、阪急阪神百貨店(本店:大阪府大阪市)とカルビー(本社:東京都千代田区)、フジッコ(本社:兵庫県神戸市)の3社が共同開発した「ヨーグラート」の販売が、阪急うめだ本店(大阪府大阪市)で始まった。カップ状容器入りの同商品は、上にはカルビーの新作グラノーラ、下はフジッコの新作&定番のカスピ海ヨーグルトで構成されたものだ。タイプは全7つで、それぞれがアクティブやヒーリングなどのテーマに沿って、スイーツテイストから塩味の食事感覚の一品と多彩な味が用意されている。価格は1個594円(税込)。

 おやつではなく朝食にもと「朝カステラ(1,512円・税込、7個入1箱)」も注目されている。御菓子司小ぎく(運営はグーこぎく/本社:静岡県浜松市)と、機能系食品の開発を手がけるエーエフシー(本社:静岡県静岡市)のタッグで誕生した同商品、味は普通のカステラだ。ただし中身はちょっと違う。砂糖にかえて還元麦芽糖使用、8種のビタミンや植物繊維、さらに鉄分も配合と、いわば“甘くておいしい栄養機能食品”となっている。特に女性にとっては、必要な栄養素とともに、不足しがちな鉄分も手軽に摂取できる同商品、朝の元気と健康チャージには、もってこいの一品だ。

 新陳代謝アップでダイエットに最適と、かつてブームだった「朝カレー」も、認知症の予防にも効果ありとの研究発表が関心を集め、再び脚光を浴びている。この朝カレーに便利なレトルト分野で注目を集めているのが、西友(本社:東京都北区)のプライベートブランド「みなさまのお墨付き」から発売中のエスニックカレーシリーズだ。昨年6月の登場以来、現在全8種を数える同商品、いずれも本格的なスパイスを使用しており味は本格派。しかも価格は全て162円(税込)とリーズナブルだ。また西友では、先ごろプライベートブランドを製造する各社に、国際的な食品安全認証(GFSI)の取得を要請。新たな安全や安心の“お墨付き”も加わり、同エスニックカレーシリーズ、その人気にさらなる拍車がかかるのかもしれない。

 厚生労働省の国民健康・栄養調査によると「欠食率」で朝何も食べない人は、2013年時点で20代男性20.9%、女性が13%。市場はまだ開拓の余地がある。朝食をめぐる新提案は、当分続きそうだ。

【関連記事】
楽天トラベル主催「朝ごはんフェスティバル」、優勝は薬膳粥と鮎一夜干しの「下呂温泉和みの畳風呂物語の宿 小川屋」
テレビに紹介されて注文殺到! 奄美の島とうふ屋さんに伝統飲料「みき」のことなどをインタビューしました
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
「食材のこだわり、生産者の想い」だけじゃ足りない 農業EC、新たな訴求方法とは
金賞は岡山県「牡蠣のアヒージョ」 農林水産省「第2回地場もん国民大賞」決定

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5