MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

マルカキカイ(7594) 上期は産業機械販売好調により増益、年間配当予想を引き上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/06 15:00

<堅調な株価にはなお上昇余地あり、「1」を継続>
3日、15/11期上期(12-5月)決算を発表。1)新興国景気の鈍化など厳しい環境下で計画線の営業利益を確保し増益で着地した、2)DMG森精機(6141)製品の取り扱い取り止めにも関わらず米州販売が堅調で他メーカーへの入れ替えが着実に進んでいると見られること、3)年間配当予想の従来1株当たり27円→30円への引き上げ、などがポジティブ。加えて、通期で2桁営業増益、純利益で過去最高更新が見込めること、強固な財務などを踏まえると、15/11期TIW予想ROE9.57%に対し実績PBR1.03倍の株価は依然評価不足と考え投資評価は「1」を継続、目標株価は今後の成長性からPER12倍程度の株価は十分妥当なレベルとの見方に変化なく、先ずは前回の2,400円を据え置き、当面の目標とする。・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
日産自動車(7201) 欧米での販売堅調と円安持続により1Qは順調に発進
スズキ(7269) 新体制のもとでの5カ年中期経営計画を発表
プロトコーポレーション(4298) 物販関連体質強化とGoo関連収益基盤拡大による業績回復を見込む
きちり(3082) 15/6期は計画未達の可能性が高いものの、成長に向けた基盤づくりの時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5