MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

夏の旅行、51%が10万円未満
人気上昇中の海外旅行先は「東南アジア」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/18 14:00

 夏の旅行シーズンを控え、旅行に関するさまざまな調査結果が報告されている。

 アクサダイレクト生命は7月3日、 夏休みの旅行に関する調査結果を発表した。この調査は4月16日から17日にかけて、20歳~59歳の既婚者の男女1,651名を対象に実施された。

 まず、今年の夏に予定している国内旅行および海外旅行の予算を聞いたところ、最も多かったのは「10万円未満」の51%だった。以下、「10万円以上20万円未満」24%、「40万円以上」12%、「20万円以上30万円未満」8%、「30万円以上40万円未満」5%と続いた。

 次いで、昨年の旅費と比較して今年の旅費はどの程度か聞いた。最も多かったのは「同じくらい」の52%で、「増えそう」の35%(確実に増えそう13% たぶん増えそう22%)と続いた。一方、「減りそう」は9%(確実に減りそう3% たぶん減りそう6%)で、「昨年は旅行に行っていない」は4%だった。

 同社では、積み立てとして予め費用を割り当てるなど計画的なお金への備えができたのではないかと見ている。ただ、海外旅行に目を向けると円安が進んでいることから、コスト面の魅力が薄れつつある。

 そんな中、人気の海外旅行先を調査した結果もある。エクスペディア PR事務局が7月2日に発表したプレスリリースによると、2015年夏休みの人気急上昇ランキングでベトナムの「ダナン」が前年比251%でトップにランクインした。以下、タイの「チェンマイ」(同250%)、タイの「サムイ島」(同247%)、フィリピンの「セブ島」(同219%)、タイの「バンコク」(同188%)と続いた。

 アジア地域では韓国や台湾の人気も高いものの「行きつくした」という人も多く、お手頃価格で行ける新たなリゾートを開拓する傾向が高まっていると、同社では分析している。

 東南アジアは魅力的な場所も多いので、これから旅行先を探す人は参考にするとよいかもしれない。

【関連記事】
爆買いからの偽物多発に喝!「歌舞伎フェイスパック」の一心堂本舗が天猫国際で中国へ越境ECに挑む
年間43万人の外国人旅行客が殺到!「チラシ」でリピートを促進する多慶屋×tensoの越境EC施策
国際天猫への出店などで盛り上がる越境EC 成功の秘訣は「我慢」できるか
中小企業のアジア進出支援、活発化 売り場の提供や人材確保、紹介など
活気づくアジア諸国の中、目立つ東京の閉塞感 アジア14都市「暮らしとお金」の意識調査

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5