MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日産自動車(7201) 日本を除く各地域で販売は堅調、中国への懸念後退が待たれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/30 18:00

 <1Qの好発進を受け、投資評価「2+」を継続>
29日、16/3期1Q(4-6月)決算を発表。大幅増収、大幅営業増益、過去最高純益で着地。営業利益はTIW予想1,550億円並びに市場予想を優に上回る好決算となった。1)1Q決算では日本を除く各地域でシェア拡大が図れた。2)主要北米では主力「アルティマ」のエイジングやセグメント内での競争激化などから販売インティブが増加したにも関わらず、数量増と販売構成の改善により従来からOPMは改善。などが評価できよう。加えて、1)通期で会社計画以上の増益が見込めること。2)中計目標(世界シェア8%、OPM8%)へ向け着実な進展がみられる。3)指標面(16/3期TIW予想ROE9.99%に対し実績PBR1.01倍)が割安。などから、中国に不透明感が残るとはいえ、投資評価は「2+」を継続。

【提供:TIW

【関連記事】
小糸製作所(7276) 1Qは大幅営業増益で発進、受注豊富、LED化を背景に業績は堅調
日本電産(6594) 新規領域の収益貢献加速に期待が高まる
富士重工業(7270) 商品力主導の販売好調が続く、新興国景気悪化への懸念は低く強気を継続
曙ブレーキ工業(7238) 北米の生産混乱収束による収益改善が待たれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5