MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

第一実業(8059) 16/3期の立ち上がり順調、引き続き割安感

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/08/14 18:00

 <投資評価「1」を継続>
原油価格下落を背景とするプラント類の成約後退懸念にもかかわらず、同社は昨年来、エチレンや肥料プラントなどの大口案件を受注しており、受注残は豊富だ。もっともこれら大口案件の売上計上は、主に2017年3月期以降に予定されることから、目下、短納期の案件の成約に注力している。短納期・高採算のエレクトロニクス関連システムが好調に伸びるなど、順調な事業展開が続いており、当面の事業環境に大きな懸念材料は見当たらない。機動力を生かした独自性の強い案件の成約など、安定性に加えて成長株としての魅力も高まっていると考えられる。中期的に堅調な業績が予想されることから、投資評価は引き続き「1」とし、当面のターゲットを現水準(650円前後)に対して約30%高い850円程度とする。
・・・(杉山 勝彦)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
住友ゴム工業(5110) 新興国の販売環境が厳しいが北米販売が想定以上に堅調
ミネベア(6479) LEDバックライトは新規事業の立ち上がりと拡販の進捗に注目
ブリヂストン(5108) 鉱山車両用回復が遅れるが米州堅調、原材料安、円安から高収益が持続
日本光電(6849) 1Qは国内病院向けが苦戦。株価の見方を変更

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5