MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「段ボール」を活用した新商品あれこれ、
家型段ボール箱や1人映画館、ゴキブリ捕獲器など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/09/13 08:00

 自宅でモノを収納したり、引っ越しや宅配便でモノを送る際に活躍する段ボール。最近は、こんな使い方もあるのかと、人々をうならせる商品が登場している。

 「宅配箱60木もれ日のおうち」は、アースダンボール(本社:埼玉県北足立郡)が企画・製造販売する、家の形をした段ボール箱。屋根の部分にはドット柄、周囲には小窓や小鳥などのイラストが配されている。3辺の外寸は60センチで、屋根部分に伝票を貼れば、ギフト関連の発送に最適な宅配便用ツールとなる。その独特でしゃれた外観から、宅配便だけではなく部屋の収納ボックスとして、着色やイラストを書き加えたりしてカスタマイズを施す人も多いという。価格は、5枚1セットで税別1,250円。ドット柄やイラスト入り以外にも、無地や白地タイプ、サイズ違いなども用意されている。

 段ボールで作る小さな暗い空間に、スマートフォンなどの各種デバイスを取りつけ、寝た状態で顔を入れて、動画を映画館気分で楽しむ。これは、ひところSNSで話題となった“1人映画館”だ。ところが、いざ個人で製作にトライすると、これが案外難しい。そこで間もなく登場するのが、クラウドファンディングで、あっという間に資金調達を達成した「ソロシアター(3,600円・税別)」だ。ルーシーオルターデザイン(東京都)が手がける同商品は、デザインと段ボール設計のプロが共同開発したもので、出来映えもさすがのひと言。優れた遮光性、各種デバイスの取りつけが簡単にできるアタッチメント採用、またデバイス画面サイズに応じ、画面との距離も2段階に調節可能と、視覚性への配慮も万全だ。さらに、映画館の座席に座る人のシルエットを模した着脱可能な「観客パーツ」と、映画館の雰囲気を盛り上げる心憎い演出もある。発売は10月より、まずはクラウドファンディング出資者への出荷からとなるようだ。

 「ゴキちゃんグッバイ屋敷 粘着タイプ(ミュー/東京都世田谷区)」は、段ボール製のゴキブリ捕獲器。同商品は、段ボールの持つ高い保湿性と保温性でゴキブリが好む環境を作り、行動習性に合わせた設計の入り口で誘い込み、内部の粘着シートでキャッチする。そのため有害な薬剤も不使用。また厚さ15ミリの薄型で、既存商品にはないクールなデザインは、どこにでも置けて部屋のイメージも損なわないと好評だ。価格は380円(税込、2個入)。

 それぞれ目的は異なるが、予想以上に役立つ段ボール。アイデア次第でまだまだ活用方法はありそうだ。

【関連記事】
「傾ける」ことで便利に、アイデア商品あれこれ ゴミ箱や歯みがき用コップ、猫用の食器など
不要メモはボールに変えてゴミ箱へ ライフスタイルを変えるおもしろノート続々
工夫を凝らした「アイデア傘」あれこれ 濡れにくく、滑りにくく、携行も便利
「紙」を使ったアイデア商品あれこれ 金色のあぶらとり紙や脱臭機能紙など
本物感にどっきり、ゴキブリ型おもちゃブーム 実は世界中で静かなブーム、問い合わせ殺到

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5