MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ヘアケア市場が拡大、なかでも植毛市場が好調
薄毛を気にする男性の割合は59.8%

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/09/19 22:00

 矢野経済研究所は9月7日、ヘアケア市場に関する調査結果を発表した。この調査はヘアケア事業参入業者などを対象に、4月~7月にかけて実施された。調査におけるヘアケア市場は、毛髪業市場、植毛市場、発毛・育毛剤市場、ヘアケア剤市場の4分野で構成されている。

 発表によると、2014年度のヘアケア市場規模は、事業者売上高ベースで前年度比1.4%増の4,414億円だった。分野別では、かつら・増毛や育毛・発毛サービスなどが含まれる毛髪業が前年度比0.9%増の1,401億円、植毛が前年度比8.3%増の39億円、発毛・育毛剤が前年度比0.5%増の654億円、シャンプー、リンス、トリートメントが含まれるヘアケア剤が前年度比1.8%増の2,320億円など、全分野で市場規模が拡大した。なかでも植毛市場の好調さが目立った。この傾向は今後も継続し、2015年度のヘアケア市場規模は4,432億円まで拡大すると予想されている。

 このようにヘアケア市場が拡大しているのは、薄毛を自覚する男性が多いことも影響しているようだ。ファイザー株式会社が6月25日に発表した調査結果(調査対象は30代から60代の男性800名 調査期間は3月27日~29日)によると、髪が薄くなってきたと思うかを聞いたところ、59.8%の人が「思う」(よくそう思う32.5% たまにそう思う27.3%)と回答した。また、髪が薄くなったことを気にしているかを聞いたところ、69.0%の人が「気にしている」(かなり気にしている22.6% 気にしている46.4%)と回答した。

 そこで、髪が薄くなってきたと感じている人にどんな行動を起こしたか聞くと、「市販薬などで自分でケアした」が14.2%、「医療機関を受診した」が1.8%にとどまり、「何もしない」が61.2%で大半を占めた。多くの男性が髪の毛が薄いことを意識しているものの、なかなか行動に移していない様子が分かる。ヘアケア市場において潜在的な需要はまだまだありそうだ。

【関連記事】
勢いづく1,000円カット専門店に向かい風? 洗髪台の設置を義務付ける動きも
ヘアスタイリング剤ランキング 男性は「ギャツビー」、女性は「リーゼ」がトップ
男性の顔の印象を変えるグッズあれこれ 小じわ伸ばしニット帽や鼻筋を高く見せる器具など
20、30代男性、半数以上が「体毛気になる」 15%がエステ経験あり
抜け毛、薄毛は男女共通の悩み 育毛グッズに出してもいい価格は

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5