MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ミツバ(7280) 中国景気悪化や二輪中心市場の低迷長期化で後半への懸念が強まる

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/09/28 15:00

 <投資評価を中立に引き下げる>
投資評価を引き下げる。理由は、1)稼ぎ頭の第四(二輪)事業においてインドネシアやブラジルなど主要市場の低迷が長期化、2)収益貢献の大きい中国の景気減速が鮮明、などから16/3期後半の業績への懸念が強まっていること、売上全体の4%程度とはいえVWグループ向け売上げがある、などが株価の重石になると見ることによる。ただし、国内外大手への四輪車製品拡販の進展、採算の高い二輪ACGスターターの伸び余地、などを背景に中期的業績の伸び余地は大きいとの見方に変化はなく、16/3期TIW予想ROE14.18%対し実績PBRは1.02倍と指標面にも割安感が強いため中立に止める。・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"



【提供:TIW

【関連記事】
椿本チエイン(6371) 自動車部品は先行費用増から減益も他事業で補い業績は堅調に推移
東海理化(6995) 1Qは順調に発進、会社通期計画超過達成見込みに変化なし
アイシン精機(7259) 中国市場の動向及びVW向けビジネスが懸念される
国際計測器(7722) 電気サーボモータ式は受注・売上とも大きく伸長

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5