MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

東海理化(6995) 北米収益が大幅に改善、通期営業利益計画上ぶれを見込む

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/10/30 18:00

<厳しい環境下で業績は堅調、投資評価「2+」を維持>
16/3期上期(4-9月)決算公表時に最終段階利益予想を再度下方修正したが、過去の製品のリコールの影響であり大きな懸念は不要と考える。むしろ、全てがリコールに繫がり易い製品を取り扱う中でトヨタ自動車(7203、以下トヨタ)外への拡販が順調なことを評価したい。上期は国内悪化の厳しい環境下でも営業段階増益、営業利益計画過達で着地し、トヨタが弱い地域でも業績は堅調であり、通期でも会社計画を上回る増益が見込めることなどから、投資評価は「2+」を維持。
・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
サトーホールディングス(6287) 短期業績は苦戦するも、中期成長性を引き続き評価
ショーワ(7274) 新興国二輪車市場の底打ちが引き続き待たれる
マツダ(7261) 国内外で販売は好調、上期予想を上方修正
第一実業(8059) 16/3期業績を下方修正、一転して減益に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5