MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

小糸製作所(7276) 受注豊富、自動車ランプLED化を背景に堅調な展開が続く

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/10/30 18:00

<業績伸び余地は大きいとの見方に変化なし>
29日、16/3期上期(4-9月)決算を発表。大幅営業増益となり通期営業利益計画を1Q決算発表時に続き再度上方修正した。とくに、1)自動車生産減少の日本でヘッドランプLED化により前年以上の売上を確保した、2)自動車販売鈍化の中国が日系向け受注増とLED化により増収増益となった、ことが評価できる。指標面には必ずしも割安感はない。しかし、1)通期は修正後の計画を上回る増益が見込める、2)北米、中国の世界2大市場を中心に国内外完成車メーカーから受注が豊富である、付加価値が高いLEDヘッドランプの搭載比重の拡大基調が見込める、などから、短期的に市場悪化の影響を多少受けたとしても中期的に業績の伸び余地が大きいとの見方に変化はない、などを踏まえると株価にはなお上昇余地があると見る。投資評価は「2+」を維持。・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
東海理化(6995) 北米収益が大幅に改善、通期営業利益計画上ぶれを見込む
太平洋工業(7250) バルブ製品がとくに堅調、通期計画を上方修正
サトーホールディングス(6287) 短期業績は苦戦するも、中期成長性を引き続き評価
ショーワ(7274) 新興国二輪車市場の底打ちが引き続き待たれる

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5