MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ダイハツ工業(7262) 通期計画を下方修正、国内外での環境悪化が響く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/11/04 18:00

 <「2-」を維持、国内外の販売環境改善が待たれる>
2日公表の16/3期上期(4-9月)決算発表においては、減販の中でもインドネシアが原価低減により増益となった、マレーシアでは販売台数が増加しシェアトップを維持した、などが評価できる。加えて、国内で9月に投入の新型車受注が好調であるなどから、業績、株価とも大底値圏と見る。通期業績予想の下方修正であく抜け感もある。とはいえ、国内軽自動車市場は増税影響、需要先食いの反動、インドネシアは景気低迷から主要市場の需要低迷が想定以上に長期化していることを踏まえると、業績が急速に上向く状況にはないこと、悪材料は概ね織り込まれたとは見られるが指標面に割安感が必ずしもないこと、などから投資評価は「2-」を据え置く。
・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
アンリツ(6754) 2Qは計測の受注が低調。TIW通期予想を引き下げ
米国市場とドル高が支える自動車株 - 高田悟-
東海理化(6995) 北米収益が大幅に改善、通期営業利益計画上ぶれを見込む
太平洋工業(7250) バルブ製品がとくに堅調、通期計画を上方修正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5