MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

「リンゴ」を使った新商品やサービスあれこれ、
歯の診断サービスやワイン、洗顔石けんなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/12/06 08:00

 新しい切り口やアイデアを盛り込んだ「リンゴ」にまつわる商品やサービスが注目を集めている。

 このところ、「リンゴ」を使った新たなサービスや商品が続々と登場している。果物として食べるだけでなく、さまざまな活用方法があるようだ。

 松本りんご協会(長野県松本市)の「Dentapple(デンタプル)」は、歯科診断サービス付きの地元産ふじりんご。アプリの指示にしたがってリンゴをひとかじり。かじった状態に関する質問に答えれば、歯周病、虫歯、顎関節症の3つのリスク度と歯科衛生士のコメントを受けることができる。アプリは、リンゴに貼ってある二次元コード(QRコード)にスマートフォンをかざして入手する。リンゴの価格は1個200円(税込)。

 こちらのリンゴは“飲んで酔う”。「日本果実のワイン きりりとりんご(オープン価格・参考価格は497円・税込、500ミリリットル1本)」は、今秋よりメルシャン(東京都中野区)が発売した100%国産果実使用のフルーツワインで、軽やかな甘さとみずみずしさが特徴だ。近年、20~30代の若年層の間では、サングリアや甘口ワイン、梅酒、低アルコール飲料など、気軽に楽しめるタイプの商品が人気となっており、市場が伸長している。そこで、これまでワインの飲用機会が少なかったこれらの層を中心に選択の幅を拡げ、市場の活性化を図っていくという。「もも」を使ったフルーツワイン「ふうわりもも」も発売されている。

 さらに美容の悩みに朗報となるリンゴも登場した。こちらは食用ならぬ洗顔石けんだ。これまで家畜の飼料か廃棄となっていたリンゴの中央部、心皮(しんぴ)と呼ばれる場所を使った「あっ!ぷるるんボール(2,376円・税込)」。開発したのは、主にパソコンや医療機器などのヒンジ(高性能ちょうつがい)を製造するやまと商社(東京本社:東京都多摩市)。同社の新規事業への取り組みの一環として、今回は工場があり縁も深い青森県とのコラボレーションとなった。弾力のあるゼリーのような感触を持つ同石けん、使い方は直接肌に当て、転がす。効果もリンゴに含まれる保湿成分に、弘前大学他が中心となり応用化を進める、ヒアルロン酸と並ぶ保湿成分プロテオグルカンも配合されているという。

 昔から親しまれているリンゴに思わぬ新展開。まだほかにも活用方法があるかもしれない。今後の動向に注目が集まる。

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5