MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

マニー(7730) 1Qはやや低調なスタートで、通期TIW予想を小幅見直し

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/18 18:00

<「ニュートラル」の見通しを据え置き>
今期はSDG買収により、もともと収益性は低下する計画であるが、買収の効果やコスト改善もまだ十分表れているとはいえず、株価も低調に推移している。今後コスト改善が表れ、クロスセルなどで買収シナジーの加速が見えてくることが、株価本格上昇のけん引役になるとみる。当面大きな動きに乏しいと判断し、TIWでは、「ニュートラル」の見通しを据え置く。同社はニッチながらも高度な技術・高い品質レベルの要求される市場で卓越した競争力やシェアを維持しており、新興市場を中心に中期的な医療関連の需要拡大を取り込めるとの成長シナリオは不変。 ・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
フロイント産業(6312) 16/2期3Q業績は堅調に推移。株価には依然として割安感が強い
マツダ(7261) 毎月2桁以上の販売の伸びが続く
富士重工業(7270) 販売は11月も堅調、業績向上のモメンタムは強い
プロトコーポレーション(4298) 上期は減益とはいえ計画線、後半上向き通期2桁増益見込みに変化なし

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5