MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

マルカキカイ(7594) 米州販売と新事業部品輸出が堅調、16/11期は増収営業段階増益を計画

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/25 18:00

<投資評価は前回からの「2+」を維持>
16/11期を最終年度とする中期計画数値目標を下方修正したが、中国経済を中心に新興国景気に不透明感が強い中ではやむを得ないと考える。むしろ、1)主要米州での販売がDMG森精機(6141)製品の取り扱い取り止めにも関わらず他メーカーへの入れ替え順調から好調、2)東南アジアでの新事業、自動車部品輸出が想定以上に好調、3)外部環境悪化の中でも16/11期は増益を想定、4)15/11期配当予想の上方修正、などが評価できよう。更には強固な財務、指標面の割安感(16/11期TIW予想ROE8.45%に対し、実績PBRは0.66倍)などから、投資評価は「2+」を維持する。"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"



【提供:TIW

【関連記事】
日本電産(6594) 中長期的な事業機会の拡大に引き続き注目
マニー(7730) 1Qはやや低調なスタートで、通期TIW予想を小幅見直し
ブリヂストン(5108) 市場環境が厳しい中でも増益基調を見込む
フロイント産業(6312) 16/2期3Q業績は堅調に推移。株価には依然として割安感が強い

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5