MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日産自動車(7201) 為替が逆風に変る中でも北米、中国販売好調により業績は堅調

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/01 18:00

 <投資評価「1」を維持、堅調な業績に対し割安感が強い>
1)為替のプラス効果がなくなる中で北米を中心とした販売好調により増益基調にあることが評価できる、2)17/3期は足下の為替水準をベースに為替で減益影響を見込んでも増益、増配が可能と見る、3)外部環境悪化の中での自社株買い発表は今後の業績への自信と見られポジティブ、などに加えて、16/3期TIW予想配当に対する配当利回り4.10%など株価指標面にも割安感が強いため投資評価「1」を継続。
・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
オリンパス(7733) 3Qは医療の海外の伸びがやや鈍化。株価の見方を変更
浜松ホトニクス(6965) 1Qは増収減益も想定内。株価に対する見方も従来通り
ブリヂストン(5108) 計画は営業利益横ばいとなったが厳しい環境下ではポジティブ
住友ゴム工業(5110) 厳しい環境下で数量増を見込んでの増益計画は評価できよう

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5