MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

サンデンホールディングス(6444) 16/3期計画は下方修正も今期が底になる公算が大きい

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/08 18:00

<株価は大底と見て投資評価を中立に引き上げる>
1)16/3期会社計画の下方修正と株価の大幅下落であく抜け感があること、2)17/3期は大幅営業増益が見込まれること、3)�@自動車機器は海外で生産体制強化が進む中、欧米メーカー向けに受注が豊富、�A流通システム事業は環境(CO2)を軸にした積極的な商品展開や取引先の旺盛な店舗展開による成長が期待できる、などから中期的な収益改善見通しに変化がないこと、4)以上を踏まえると株価指標に割安感が強いこと、などから足下の株価を大底と見て、投資評価を従来の「2−」から「2」へ引き上げる。
・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
東洋ゴム工業(5105) 今期は踊り場入りを想定も会社計画は保守的な印象が強い
大研医器(7775) 来期にかけ収益の踊り場を予想。株価の見方は従来通り
朝日インテック(7747) 競争力ある新製品投入で収益成長を持続できる好循環実現を評価
ケーヒン(7251) 今期は厳しいが来期は国内事業体質強化により大幅増益が見込まれる

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5