MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

春の宴会、歓送迎会や花見の参加率が増加
花見の予算は2,000円前後が中心

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/26 18:00

 春は花見や歓送迎会など、仲間で集まる機会が多い。株式会社リクルートライフスタイルは、2016年春の歓送迎会や花見に関するアンケートを実施し、その結果を3月10日に発表した。調査対象は首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)、関西圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県)、東海圏(愛知県、岐阜県、三重県)に住む20歳から69歳の男女のモニター1万5,815名。調査期間は2015年12月18日から28日にかけて。

 まず、前年の参加率を調べたところ、歓送迎会が32.8%で花見が28.7%だった。今年の歓送迎会参加率を聞くと「昨年並み」が84.4%で最も多く、「増えそう」の10.1%と「減りそう」の5.4%を大きく上回った。花見の参加率も同様で「昨年並み」が86.9%で最も多く、「増えそう」が10.7%と「減りそう」が2.4%だった。今年の参加率も3割程度になりそうだ。

 予算は、歓送迎会・花見ともに昨年とほぼ横ばいで、歓送迎会の想定予算が1回あたり3,905円、花見が1回あたり2,388円だった。

 続いて、参加する機会がありそうな歓送迎会の相手を複数回答で聞いたところ、「会社・仕事関係」が36.8%で最も多く、「友人・知人関係」が9.1%で続いた。一方、花見は「友人・知人関係」が22.2%で最も多く、以下「家族・親族関係」(20.4%)、「会社・仕事関係」(12.8%)と続いた。「会社・仕事関係」と回答した人の割合を前年と比較すると、歓送迎会が昨年の26.6%より10.2ポイント上昇、花見が昨年の7.3%より5.5ポイント上昇するなど、企業宴会が復活している様子がうかがえた。

 また、楽天リサ-チ株式会社は、2月15日から16日にかけて、全国の20歳から69歳の男女1,000名を対象に「花見に関する調査」を実施した。調査結果によると、今年花見をする予定と回答したのは45.1%だった。花見の予定があると回答した人に誰とするかを聞いたところ、「家族」(67.4%)が最も多く、「友達」(32.4%)、「勤め先の会社の同僚・先輩・上司」(15.5%)と続いた。

 今年の花見における1人当たりの予算(複数参加する場合は平均予算)は、「1,000円以上から2,000円未満」(27.3%)が最も多く、「2,000円以上から3,000円未満」(25.5%)、「1円以上から1,000円未満」(16.9%)が続いた。

 花見の予算は2,000円前後が多く、飲食店などで行う宴会と比べるとリーズナブルに楽しめるようだ。

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5