MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

VTホールディングス(7593) 国内新車苦戦の中でも新車以外が寄与し業績は堅調、収益力改善が進む

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/04/04 18:00

<17/3期も連続で増益を予想、「2+」を維持>
1)16/3期はホンダ(7267)、日産自動車(7201)ともに量販新型車の投入が殆どなく、国内新車販売が落ち込む中でも、?@新車以外の部門の体質強化、?A海外の伸長,?B買収先の収益改善などにより2桁営業増益で着地したと見られることが評価できる。2)こうした中、後半の国内で比重が高い日産系ディーラーにおいて、日産の量産新型車の投入効果が期待できる17/3期も連続で増益となる公算が大きい。3)加えて、過去のM&Aの業績への着実な寄与とM&A推進への積極的なスタンスから中期的にも順調な業績拡大が期待できる。などの点を踏まえ17/3期TIW予想PER13.9倍の株価は割安と判断した。投資評価「2+」を維持する。
・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
ジーエス・ユアサ コーポレーション(6674) リチウムイオン電池黒字化で来期への期待が高まる
カルソニックカンセイ(7248) 北米、アジア堅調が持続、国内が上向く17/3期も増益を見込む
椿本チエイン(6371) 計画下方修正とはいえ、主力事業は堅調で高収益体質に変化なし
トピー工業(7231) 売電貢献などから増益基調だが建機や鉱山車両向け好転が引き続き待たれる

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5