MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

フロイント産業(6312) 17/2期会社計画はボトムライン、予想配当も業績進捗によって増額の可能性

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/04/14 18:00

 <TIW予想を上方修正、ターゲットは1,300円に引上げ>
投資評価は「1」を継続すると同時にターゲット株価をFモデルによる理論株価である1,300円に引き上げる(前回は1,250円)。投資理由は、1)19/2期まで旺盛なジェネリック・メーカーの設備投資を背景に売上・利益の拡大が見込めること、2)米国子会社VECTORも米国内での工場建設需要から中期的成長が見込めること、3)錠剤印刷機タブレットは大型商品に成長する可能性があること、4)17/2期会社予想はボトムラインと考えられ、上方修正の可能性が期待できる、5)配当金も会社計画利益をベースにしても20円への引き上げが期待できる。
"・・・(藤根 靖晃)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
リーマン・ショックとは異なった年初の株安 -客員エコノミスト 塚崎公義教授-
フロイント産業(6312) 17/2期会社計画の営業利益は41.1%増、18/2期もさらに拡大が期待される
VTホールディングス(7593) 国内新車苦戦の中でも新車以外が寄与し業績は堅調、収益力改善が進む
ジーエス・ユアサ コーポレーション(6674) リチウムイオン電池黒字化で来期への期待が高まる

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5