MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

富士重工業(7270) 17/3期は減益予想も中身は悪くない

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/05/16 18:00

  <商品力主導による成長持続を評価し強気を維持>
12日、16/3期決算を発表。17/3期は2桁営業減益を計画。ただし、為替変動による減益影響▲1,686億円を除けば前期から230億円の増益。1)台数増と原価低減で生産能力増強や試験研究費など先行費用増を吸収し実質増益を見込んだ、2)減益計画だが配当予想は前期並みとした、3)18年度を最終年とする中期計画における販売台数及び生産能力拡大見通しを上方に見直した、など今後の見通しには評価できる点が多く、商品力主導による収益力向上が続いていることが確認できる計画になったことに加え、17/3期TIW予想PER9.6倍など株価指標面も割安から強気の見方を維持する。
目標株価は従来の6,300円を引き下げるが、17/3期TIW予想PER13倍は成長銘柄として妥当であると考え5,200円とする。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
横河電機(6841) 今期は為替影響を除けば増収、営業増益、受注増の計画
スズキ(7269) 円高の逆風下でもインド貢献により業績は底堅い
オリンパス(7733) 今期は為替影響を除けば増収・営業増益の計画
GDP統計とは -客員エコノミスト ~塚崎公義 教授-

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5