MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

「ここにメモを書きたい!」というニーズに応える
ティッシュケースやサランラップ用ペンなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/12/03 14:00

 毎日の生活の中で「ここに書いたら見落とさない」という場所がある。そんなときに役に立つユニークなメモ書きツールが続々と登場している。

 日常の中には、ちょっとしたひと言やひらめいたアイデアを残すためなど、メモを書く作業が意外とあるもの。最近は使い勝手に優れた、ちょっと意外なメモ書き用のツールが登場している。

 たとえば、ティッシュケースにメモを残せば、まず見逃すことはなさそうだ。「MEMORU(メモル)ティッシュケース」は、市販のティッシュ箱にかぶせて使う。表面が“ホワイトボード”仕様になっているので、メモ書いたあと、必要がなくなれば1枚ティッシュを取り出してひと拭きすれば消える。いつも部屋の中にあり、かつ誰もがよく使用し、目にもつきやすいティッシュケースにメモ機能を付加したのは、見事な着眼点といえそうだ。もちろん繰り返して使うことができる。同商品を開発したのはイケックス工業(本社:愛知県春日井市)。価格は1,944円(税込)。カラーは、ホワイトなど全4色展開。

 食品用ラップフィルムのひとつである「サランラップ」を販売する旭化成ホームプロダクツ(本社:東京都千代田区)には、便利な専用筆記具も用意されている。それが「サランラップに書けるペン」。透けない、におわない、水にも強く、電子レンジによる加熱も可能といった特徴を持つ。このペンがあれば、食品を保存する際の日付や、メッセージ・イラストなどを、直接サランラップに書くことができる。先ごろ新たにピンク、オレンジ、黄緑の新色3色の「セット(583円・税込)」も加わり、カラーバリエーションは全9色となった。

 従来のシステム手帳の閲覧性や操作性を高めたのが、レイメイ藤井(東京本社:東京都江東区)の「キーワード デュアルリングバインダー」。同商品は、搭載する2つのリングでシステム手帳2つ分をひとつにまとめられ、同時にリフィル4ページを開いて、チェックしたり書き込みができるもの。またジャバラ形状と内蔵マグネットを採用しているので、常に開いたリフィルはフラット状態で書き心地は快適な上、どちらか一方のリフィル2ページでの使用も容易と、とにかく使い勝手は抜群だ。種類は聖書サイズ(3,780円・税込)と、ポケットサイズ(3,240円・税込)の2つ。カラーはどちらのサイズも全3色。

 さまざまな着眼点で従来の商品に工夫を施した、書くためのツール。これらを活用すれば、日々の生活の中でより簡単にメモを残すことができそうだ。

【関連記事】
立体メモや「水に流せる」ものまで 人間関係を円滑にしてくれる「メモ用紙」たち
「紙」を使ったアイデア商品あれこれ 金色のあぶらとり紙や脱臭機能紙など
不要メモはボールに変えてゴミ箱へ ライフスタイルを変えるおもしろノート続々
新たな視点から生まれた地図関連商品 地球の全体像がわかる地図や文房具、雑貨など
文房具に見えるけど実は…? ペン型ふりかけや、のり型ハンドクリームなど

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5