MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

「エビフライ」をモチーフにした美味
魚のすり身ベースやクッキー、コロッケなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/03/18 08:00

 万人に愛される揚げ物「エビフライ」だが、素材にエビを使わずに作り上げたエビフライが登場している。

 日本生まれの洋食で人気メニューのひとつである「エビフライ」。このところ、素材にエビを使わないエビフライが各地で販売されている。

 今春リニューアルし、あらためてお披露目となったのが「ほぼエビフライ(270円・税込、6個入)」。こちらは白身魚のすり身を使い、味に食感、さらにはビジュアル面にいたるまで、本物のエビを再現した一品。季節商品として初登場となった前回も好評を博したが、今回は素材の配合面とサイズを改良。さらにおいしくエビらしくなったほか、お弁当に詰めやすく、おつまみとしてひと口で食べるにも最適な大きさに。開発したカネテツデリカフーズ(本社:兵庫県神戸市)曰く、おすすめの食べ方は、まずはトースターで温め、次に商品につく特製タルタルソースをかけてだそうだ。

 「森のエビフライ」というものをご存知だろうか。森のエビフライとは、森の住人である野生のリスに食べられたマツボックリのこと。かじられた後のマツボックリの形が、小ぶりなエビフライにうり二つなため、そう呼ばれているという。この森のエビフライを宣伝ポスターに使用したのが、豊かな自然と景観美を誇る愛知高原国定公園をPRする愛知県豊田市の旭観光協会。そんな縁もあり、誕生したのが「旭の森のエビフライ」と「矢作ダムカレー」だ。

 前者の「旭の森のエビフライ」は、和洋菓子店「松栄軒製菓舗」が考案した森のエビフライの姿を模したクッキーで、チョコチップが美味なるアクセントになっている。価格は800円(税込、10個入)。

 一方後者の「矢作ダムカレー」は、今年3月から1日限定10食で販売となった「森のエビフライ風コロッケ」が添えられた一品。コロッケの中身は、ジネンジョやむかごといったヤマノイモで、カレーのルーとも相性が良いそうだ。価格は950円(税込)。味わうことができるのは、旭高原元気村(正式名称は豊田市旭高原自然活用村/運営は旭高原)内にある飲食施設の「げんき亭」。

 この春は、いつもと少し違う各地のエビフライを楽しんでみるのもよさそうだ。

【関連記事】
サケ・マス・サーモンを使用した“新潟発”の美味 究極の鮭おにぎりや塩こうじ紅鮭茶漬など
手軽に「ショウガ」を取り入れられる一品 粉末やキャンディタイプ、ドライフルーツ風など
いろんな「海藻」を手軽に楽しもう!「がごめ」のおかき、「あかもく」みそ汁、「もずく」カレー
便利で美味しい「油揚げ」 味付き、ふわふわ食感、ジャンボサイズなど
個性派の美味しいソーセージ 鮭入り、ブラジル式、スモークウインナーなど

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5