MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

エポスカードとエイブルが「家賃保証サービス」、入居者には家賃支払いでポイント付与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/05/14 08:00

 エポスカードは、エイブルが管理する賃貸住宅の入居者に、家賃保証サービスの提供を開始した。

 「家賃保証」とは、賃貸不動産管理会社に対して入居者の家賃等の支払いを保証会社(エポスカード)が保証するもの。2020年の民法改正により、保証契約については、賃貸借契約における連帯保証人を前提とした契約から保証会社の利用へシフトすることが見込まれている。

 今回、丸井グループのクレジットカード事業会社エポスカードは、賃貸不動産仲介・管理の業界大手であるエイブルと協業し、エイブルが管理する賃貸住宅の入居者に、エポスカードの家賃保証サービスを提供する。

 エポスカードは毎月の賃料等をエイブルに立替払いし、後日入居者が支払うかたちをとる。支払いにはエポスカード、または口座振替が利用できる。エポスカードで支払うと、200円につき1ポイントが付与される。また、入居者負担の費用等に滞納が発生した場合、その費用の支払いを保証する。

 保証対象はエイブルが管理する居住用物件。保証限度額は月額賃料等の24か月分。保証内容は月額賃料等(共益費、変動費、駐車場代等を含む)、明渡し訴訟費用、建物明渡し時の原状回復費用、更新料ほか。保証期間は賃貸借契約開始日から賃貸借契約終了日までとなっている。

 入居者には、家賃などの支払いにエポスカードを利用することによってポイントが付与されるといったメリットもある。この家賃保証サービスは今年4月より一部店舗にて利用がスタート。年内には全国規模での展開を計画している。

【関連記事】
首都圏の中古マンション、成約件数が過去最高更新 購入動機「家賃がもったいない」27.4%
東京のワンルームマンションの家賃平均は約7万円 一方、全国の一人暮らしの家賃は4~5万円台が最多
不動産投資、物件価格の上昇などで利回りが低下 賃貸オーナーの6割が「将来は厳しい」

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5