MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「将棋」人気でユニークな関連商品が登場
カワイイ駒やべっこうあめ、お守りなど

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/05/20 14:00

 藤井聡太棋士の大活躍や、独特のキャラクターで愛される“ひふみん”人気、さらには羽生善治竜王の国民栄誉賞受賞も加わり、いまや「将棋」はトレンドのけん引役である若い女性層からも熱い視線が注がれる。この話題の将棋にあって、見逃せないのが関連商品の充実ぶりだ。

 女性視線で選ぶ生活雑貨のオンラインセレクトショップであるナチュリブ(運営はアクエル:東京都港区)考案の「ハート将棋はビジュアルが特徴的だ。将棋の駒はハート形で、対戦相手と自分の駒の識別が容易となるためにピンク&白の2色展開。また、それぞれの駒には駒の動かし方の説明がデザイン化されている。駒と同様に盤も斬新で、盤面のカラーは淡いピンク色。しかし、駒、盤ともに木製素材を使用しているので、対局の気分を高める「パチリ」という音も楽しめる。ケースはデニムのしゃれたトートバックと、カワイさあふれる将棋セットになっている。価格は5,400円(税込)。

 甘い将棋の駒もある。「将棋べっこま飴(500円・税込、80グラム)」は、将棋の駒をほぼ原寸で再現したべっこうあめだ。一心堂本舗(本社:東京都千代田区)と、ひふみんこと加藤一二三九段との共同開発で誕生したもので、1袋には王将、飛車ほか8種類の駒が約13~16個、個別包装で入っている。仕事でフル回転の脳のエナジー補給にと口に運べば、次なる一手が浮かびそうだ。同商品には、扇子を模した「加藤一二三 座右の銘入りミニュチュアカード」も同封されている。タイプは4種あり、ランダムで1袋に1枚付いている。

 持っていれば、連勝新記録を打ち立てた最年少プロ棋士の藤井聡太氏ばりに、負け知らずとなるかもしれない「お守り」もチェックしておきたい。それが将棋会館のご近所でもある「鳩森(はとのもり)八幡神社/東京都渋谷区)」で頒布されている「王手守(おうてまもり/500円)」と「王手勝守(おうてかちまもり/1,000円)」。ビジュアルは将棋の盤面がモチーフとなっている。将棋のみならず仕事でのプレゼンテーションなど、あらゆる勝負のシーンで心強い支え、見えない力となってくれそうなお守りだ。

 プロ棋士の対局を観戦したり、自分で指すのはもちろん、多彩な関連商品で将棋を楽しんでみるものよさそうだ。

【関連記事】
ユニークな「フェイスマスク」あれこれ 風神雷神デザインや幹細胞活用、顔の筋トレなど
高額なスポーツタイプの自転車が続々 10万円台から70万円まで、その人気の秘密とは?
「ほうき」人気の理由は、クラシックな見た目と現代の暮らしにも合うところ
ユニークなアイデアをプラスした「石けん」ぬめり活用、おしり専用、粘土のように造形できる石けんも
読みづらい文字対策に個性派の「ルーペ」 万歩計やペンダント風、両眼観察用など

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5