MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

楽天証券、iDeCoのデフォルト商品に投資信託を採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/05/23 08:00

 楽天証券は、個人型確定拠出年金(iDeCo)のデフォルト商品に「楽天・インデックス・バランス(DC年金)」を採用すると発表した。

 2018年5月1日に、改正確定拠出年金法が施行され、一定期間以上、掛金の配分指定をしなかった場合、自動的に資金が振り分けられる「指定運用方法」の法定整備が行われた。また、ゼロ金利が続く定期預金では、物価上昇局面において資産価値が減少するため、「指定運用方法」には、投資信託などの変動商品の採用を促す取り組みが始まっている。

 楽天証券は、こうした状況を踏まえて「指定運用方法」に投資信託「楽天・インデックス・バランス(DC年金)」を採用すると発表した。

 「楽天・インデックス・バランス(DC年金)」は、確定拠出年金専用に作られた投資信託だ。世界中の株式に投資するバンガード社運用のETFへ15%、投資適格債券へ投資するバンガード社運用のインデックスファンドへ85%の配分で資金を運用。投資適格債券の運用では対円で為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図り、低コストで、長期的な成長を目指して運用する。

【関連記事】
個人型確定拠出年金「iDeCo」、加入範囲拡大や 税制優遇も、加入予定を含めて8.7%どまり
働く主婦に聞いた「仕事を引退したい年齢」は68.4歳 年金受給70歳以降選択案には40.0%が反対
老後の資金、「年金が不安」85.5% 資産形成の投資対象は「株式」「投資信託」が人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5