MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

スマホで「プチ副業」、アフィリエイトはすきま時間に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/05/25 09:00

 手軽なネット副業のひとつである「アフィリエイト」。かける時間は1日に1時間未満が6割超。スマホでパパっとやる人も多い。

 2016年12月に厚生労働省の「モデル就業規則」の副業・兼業禁止規定の見直しが発表され、政府が「原則禁止」から「原則容認」に転換したことから、2017年は「副業解禁元年」と言われている。手軽なネット副業のひとつとして浸透しているアフィリエイトサービスを運営するファンコミュニケーションズは、同社サービスの参加者1,040名を対象に、副業に関する実態調査を実施した。

 その結果を見ると、ネット副業にかける1日の平均作業時間は1時間未満が61%。使用デバイスではWindows PCが安定の1位を獲得。2位、3位はiPhoneとAndroidのスマートフォンが続き、その他OSも含めたスマートフォンのみでネット副業する人(PCやタブレット不使用)が21%にのぼるなど、隙間時間に手近なデバイスで「プチ副業」に取り組む人が多く見られた。

 アフィリエイト以外にもネット副業をしている人は全体の36%。アフィリエイト歴1年未満の人は70%がアフィリエイトのみに取り組んでいる。他の副業で人気だったのはクラウドソーシング系で、シェアリングエコノミー系は心理的ハードルまたは資本の問題からか取り組む人は数名に留まっている。

 また、投資・資産運用をしている人は53%。1位の株式投資に続き、2位に保険、3位に仮想通貨がランクインした。iDeCoやソーシャルレンディングが伸び悩んだのに対し、仮想通貨は古くからある投資信託やFXも上回る人気を獲得した結果となった。

■調査概要
調査方法 :インターネット調査
調査対象 :全国のA8.netメディア会員(アフィリエイト参加者)
有効回答数:1,040人(男性:471人/女性:569人)
調査実施日:2018年5月2日(水)~5月11日(金)

【関連記事】
フリーランス、副業含めた経済規模は20兆円超え 1人当たり平均年収も前年比で12%増
厚生労働省、「モデル就業規則」を改定して副業推進へ 働く女性は前向き「副業で収入増やしたい」57.7%
働き方改革で副業を許可する企業は6.7%どまり 一方、サラリーマンの88%が副業に「興味あり」

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5