MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

経済産業省、「攻めのIT経営銘柄2018」を発表、銀行業からは三菱UFJとみずほが選出

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/05/31 11:40

 経済産業省は、東京証券取引所と共同で選定している「攻めのIT経営銘柄」の第4回目を発表した。

 「攻めのIT経営銘柄」は、東京証券取引所の上場会社の中から、中長期的な企業価値の向上や競争力の強化といった視点から経営革新、収益水準・生産性の向上をもたらす積極的なIT利活用に取り組んでいる企業を、業種区分ごとに選定して紹介するもの。

 第4回となる2018年は32社が「攻めのIT経営銘柄」として選出された。今回はIoT・ビッグデータ・AI・ロボットなどの最新のテクノロジーを活用し、新たなビジネスモデルや価値を創出する取組を重点的に評価。さらに将来性・発展性の観点から「レガシーシステム」の刷新についても高く評価している。

攻めのIT経営銘柄2018一覧(32銘柄、業種・証券コード順)
攻めのIT経営銘柄2018一覧(32銘柄、業種・証券コード順)

 銀行業からは、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループ、証券、商品先物取引業からは大和証券グループ本社、保険業からは東京海上ホールディングスが入った。また、不動産業からは、大京、レオパレス21が選定されている。

 また、あわせて発表された「IT経営注目企業 2018」22社には、ふくおかフィナンシャルグループ、カブドットコム証券、MS&ADインシュアランスグループホールディングスが入った。

【関連記事】
三菱UFJフィナンシャル・グループ、米アカマイと決済処理速度2秒以下のブロックチェーンを開発
三菱商事と三菱UFJ銀行、リップルのブロックチェーンによる国際送金の実証実験
フィンテック、市場の成長期待が高まる一方で 8割以上が「聞いたことがない」
「マネーフォワードフィナンシャル」設立、仮想通貨普及へメディア事業・仮想通貨交換所をスタート

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5