MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

2017年のフィンテック投資額は過去最高の274億ドルに【アクセンチュア調査】

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/04 10:00

 グローバルにおける2017年のフィンテックベンチャー企業への投資額は、前年比18%増の274億ドルに達した。

保険・銀行・証券業界のスタートアップ企業への投資が活発に

 アクセンチュアの調査によると、グローバルにおける2017年のフィンテックベンチャー企業への投資額は、米国、英国、インドのスタートアップ企業への旺盛な投資にけん引され、前年比18%増の274億ドルに達した。

 2017年のフィンテック投資額は、米国が前年比31%増の113億ドル、英国は前年比約4倍の34億ドル、インドは前年比約5倍の24億ドル。投資案件数は、グローバル全体では2016年の約1,800件から約2,700件へと拡大し、昨年に続き、保険・銀行・証券業界のスタートアップ企業への投資が多く見られた。

 成長を後押ししているのは、中国、ロシア、中東といった新興国からの新たな投資の流れだ。銀行におけるB2Bフィンテックモデルの成功事例も増えている。市場の成長が加速するなか、インシュアテック(InsurTech)のスタートアップ企業が急増し、保険会社に新たな商機がもたらされている。インドでは、高額紙幣廃止後のキャッシュレス・サービスの力強い需要を受け、フィンテックが急成長する結果となった。

 2010年から2017年までのグローバルにおけるフィンテック投資額の累計は977億ドルに達し、そのうち米国のスタートアップ企業に対するものが54%を占めている。同期間におけるフィンテック投資額の年間平均成長率(Compound Annual Growth Rate)は47%で、案件数では35%で推移している。米国では融資・決済業務を行うフィンテックのスタートアップ企業に投資が集中しており、これは米国のフィンテック投資総額113億ドルの60%を占めている。

米・英・印がグローバルの成長をけん引 

 中小企業向けにオンラインで融資を提供する米国の「Kabbage」は、2017年に3度の投資ラウンドを実施し、単独で9億ドルを調達。同じく、オンライン融資を手掛ける米国の「Social Finance(SoFi)」は2017年2月に5億ドルを、「LendingPoint」はクレジットラインにより同年9月に5億ドルをそれぞれ調達している。

 英国では、デジタル保険会社「BGL Group」が9億ドルの資金を調達し、これにより同国内のフィンテック投資額は34億ドルに達し、過去最高額を記録。決済ベンチャーの「TransferWise」は、同国内で2番目に大きい2億8,000万ドルを調達している。

 インドのデジタル決済スタートアップ企業「Paytm」は、ベンチャーキャピタルから14億ドルの資金を調達し、これにより、インド国内のフィンテック投資額は2016年の約5倍にまで拡大した。また、インドのフィンテック投資案件数は、2016年の1年間で65%増加している。その背景には、汚職対策のために中央銀行が高額紙幣の廃止に踏み切り、多数のインド国民がモバイル決算や「Paytm」などが提供するキャッシュレス・サービスの利用に移行したことが挙げられる。

日本の投資額は年間で1億5000万ドルにとどまる

 2017年は、決済や融資業務を手掛けるスタートアップ企業が多額の資金を調達しており、どちらも全体の約30%を占めた。これに対して、保険関連サービスを提供する企業の資金調達額は全体の12%にとどまってる。

 2017年のフィンテック投資額の対GDP(国内総生産)比でみると、日本は米国や英国、インドの30分の1程度にとどまっており、1年間の投資額は1億500万ドル、投資件数は24件にとどまっている。

【調査方法】
本調査は、グローバルでベンチャー企業の財務データ収集・分析業務を行う調査会社「CB Insights」が提供するフィンテック投資データに基づいてアクセンチュアが分析を加えたもの。

調査対象:ベンチャーキャピタルおよび未上場企業、株式会社および企業のベンチャーキャピタル部門、ヘッジファンド、アクセラレーター、政府系ファンド等における国際的な投資活動が含まれている。対象となるデータは2010年から2017年までのもの。

フィンテック企業の定義:銀行業務やコーポレートファイナンス、キャピタルマーケット、財務データ分析、保険、決済や個人向けの財務管理等に関して様々なテクノロジーを提供する企業。

【関連記事】
GMO VenturePartners、グローバル・フィンテック分野へ重点投資するVCファンドを設立
リクルート、インドの企業間決済プラットフォームを提供するOpen Financial Technologiesへ出資
経済産業省、「攻めのIT経営銘柄2018」を発表、銀行業からは三菱UFJとみずほが選出

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5