MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

海の幸を使ったスイーツ続々
焼きウニアイスや魚のすり身を加えたワッフルなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/17 08:00

 各地で海の幸を使った甘いスイーツづくりが盛んに行われている。味はもちろん、栄養満点でカロリー低めが人気の理由のようだ。

 スイーツの材料といえば、フルーツ、卵、牛乳、はちみつなどが思い浮かぶが、この分野では珍しい「海の幸を使ったスイーツ」が続々と登場している。

 先ごろ重茂(おもえ)漁業協同組合(本所:岩手県宮古市)が世に送り出した「重茂黄金焼うにプレミアムアイス」は、地元で絶品と評判の人気アイス×しょう油、そして20グラムの焼きウニが三位一体となり、これまでにないおいしさが楽しめる。焼きウニを使うだけあり、お値段は1個1,000円(税込、110グラム/ウェブサイト通販では3個パックで販売)。ウニ丼が大好きという人も、今年の夏は少し奮発してスイーツにもトライしてみてはいかがだろう。

 一方、「魚のすり身」を利用したスイーツも、おいしさとヘルシーさをうたい各地で販売されている。

 杜の都の一品は、まるでチーズケーキだ。それが魚のすり身をベースにクリームと卵を加えた「ととをかし ふ和らん」。松澤蒲鉾店(宮城県仙台市)が和スイーツとして開発したもの。スイーツながらも、魚を使っているので高タンパクで低脂肪、その上カロリーも低い。健康にもよさそうだ。ほんのり甘くて口あたりはなめらかな同商品、価格は789円(税込、1個30グラム×5個入)。

 紀州にはワッフルならぬ「カッフル(216円・税込)」がある。濱辰商店(和歌山県和歌山市)考案の同商品は、小麦粉、卵に魚のすり身を加えた生地を専用ワッフル型で焼き上げたもの。食感はやわらかにして、味はほどよい甘さ、そしてカルシウムなど豊富な栄養も魅力となっている。味はプレーンとチョコチップの2種。

 九州・佐賀発のドーナツ「おさかなドーナツ」もチェックしておきたい。生地に魚のすり身が混ぜ込まれており、こちらも魚の栄養がたっぷりで、カロリーは低めだ。種類はプレーン、ココア味、まっ茶味の3つ、価格は各1個130円(税込)。モチモチとした食感&甘さも控えめで、1度口にするとクセになるおいしさだという同商品、販売するのは野中蒲鉾(佐賀県佐賀市)。

 美味しくて栄養も豊富な海の幸を使ったスイーツ。海に囲まれた日本ならではの一品を試してみるのもよさそうだ。

【関連記事】
ベンリな「キューブ型調味料」、かつお節やソイソルト、ひとり呑みのおつまみにも
日本の特産品を使った「ピザ」あれこれ 山形のバラ、長野のみそ、四日市のサバの干物など
朝の食卓のパンに塗る甘い商品あれこれ ミルキー味・バナナホイップ・北海道ミルクなど
いつもの味が「プチ豪華」になって新登場 カップ麺・レトルトカレー・釜めしが見違えるおいしさに
ミニサイズの「レトルトカレー」 自宅で「ミールス(インドの定食)」風に楽しもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5