MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「怒り」を鎮めるグッズあれこれ
大声を出せる遮音イス、写経、ゲームなど

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/17 14:00

 毎日暮らしていると、「怒り」がこみ上げてくることもある。とはいっても怒りに任せての行動は百害あって一利なし。そこで近ごろは、高ぶる気分を鎮めるときに頼りになる商品が登場している。怒りの鎮静化に特化した商品だけではないが、どれも無駄にはならないだろう。

 怒りを鎮めるには、大声を発してみるのも一つの方法。ルイズインテリア(愛知県岡崎市)が手がける「叫べる椅子 シャウトール」は、普段は腰かける一般的な円柱タイプのイスだ。そして、ひとたび怒り爆発となったら、ひっくり返して使う。イスの裏面には穴があり、穴の内部は遮音、吸音素材。そのため穴に向かってシャウトしても音漏れはごくわずかだ。もちろんイスとしての快適さも備わった同商品、価格は1万584円(税込)。色はブラックなど全7色。

 文字を書いて怒りを鎮める方法もある。そこで「大人の教養 写経(2,160円・税込)」に注目したい。同商品は、簡潔さでおなじみのお経である般若心経を、付属の筆ペンで墨との相性に優れた専用用紙に書いてゆく写経セットだが、ほかにはない大きな特徴として訳本がつく。つまり写経をしながら、般若心経の意味も理解できるという寸法だ。しかも現代語訳なので、すんなりと頭に入ってくる点も見逃せない。心を鎮め、かつ教養も深まると一石二鳥で有意義な時間を過ごせそうなこの一品、販売するのは山本紙業(大阪府堺市)。

 怒りを楽しむゲームもある。一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会(東京都港区)が考案した「アンガーマネジメントゲーム(2,160円・税込)」は、怒りのツボを当てる大人向けカードゲームだ。ルールは、プレイヤーの1人が「怒りの出来事カード」をひき、カードに書かれた内容が、もし自らの場合ならと、怒り具合を「温度計カード」からチョイス。ただし温度計カードはふせられており、他のプレイヤーは、この温度を予想する。勝者は一番数字の近いプレイヤーだ。自らもそうだが、誰かをカッとさせることも往々にしてある。時には同ゲームを興じつつ、怒りについて多角的に考えてみたい。推奨プレイヤー人数は3から12人。

 できれば笑顔だけで過ごしたいが、怒りのトラップはそこかしこにある。ならば怒りの状態からスマートに脱したり、怒りの感情を巧みにコントロールすることは、日常を快適に生きるための重要なスキルといえそうだ。

【関連記事】
スマホと使える「個性派スピーカー」 コンクリート製やオーダーメイド、骨伝導式など
食の分野で進む「温度の見える化」 フライパンや電気ケトル、アルミスプーンなど
「将棋」人気でユニークな関連商品が登場 カワイイ駒やべっこうあめ、お守りなど
花のたのしみ方いろいろ、注目の「スワッグ」や植物標本、アクセサリーなど
「つえ」が便利になったアイデア商品 手を放しても大丈夫、折り畳み型や専用の小型バックなど

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5