MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日・米・中の個人投資家は米国株に期待、仮想通貨への投資は過去最大に【マネックス証券調査】

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/18 09:00

 マネックス証券は、日・米・中のグループ会社で共同調査を行った「MONEX グローバル個人投資家サーベイ」の結果を発表した。

 マネックス証券は、米・中のグループ会社とともに、日本、米国、中国(香港)の個人投資家を対象に2018年5月28日から6月4日にかけて調査を行った。

 今年の2月以降、全世界で株価は大きく調整したが、徐々に回復。米国のダウ平均とドイツのDAX指数はほぼ年初の水準を回復した。一方、日経平均と中国の上海総合指数は戻りが弱い状況となっている。

 3つの地域において世界の株式市場見通しを表すDI(※)は悪化したが、今後3か月で株価の上昇が最も期待できる地域については、3地域の個人投資家とも「米国」と回答した割合が最も高く、前回調査と比較しても3地域の個人投資家ともに米国への期待が高くなっている。他の地域に比べ景気が堅調で株価の戻りも比較的早かったためとみられる。

 「ビットコイン」など仮想通貨への投資経験や意欲について聞いたところ、すでに仮想通貨に投資している米国と日本の個人投資家の割合は、この質問を開始した2017年6月以降、過去最大となった。12月調査は12/1までとピーク前に行われたため、ピーク時の割合からは低下している可能性もあるが、昨年に比べると仮想通貨に投資する個人投資家の裾野が広がっていることがわかる。

※DI(diffusion index):「上昇すると思う」「よくなると思う」と回答した割合(%)から「下落すると思う」「悪くなると思う」と回答した割合(%)を引いたポイント

【調査概要】
「MONEX グローバル個人投資家サーベイ」について
2011年6月から、マネックス証券、TradeStation Securities、Monex Boom Securities (H.K.)の3社共同で実施し、日本、米国、中国(香港)の個人投資家の相場環境についての意識を定点観測している。

【関連記事】
SBI証券、米国株式・ETFのテーマ検索サービスを開始
外国株CFD、3か月連続で「Amazon」が首位【GMOクリック証券・4月のCFD売買代金ランキング】
日銀レポート、関東甲信越など6地域で景気拡大中 今年度の業績見通し「増収増益」は29.3%に増加

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5