MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「AIスコア」と情報連携すると金利を0.1%引下げ、J.Scoreがヤフーのサービスと連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/28 09:00

 J.Scoreが提供する「AIスコア・レンディング」がヤフーのサービスとの連携をスタート。これによって利用者のレンディング適用金利を0.1%引下げる。

 みずほ銀行とソフトバンクが2016年11月に設立した株式会社J.Scoreは、個人向けにフィンテックを活用したレンディングサービスを提供している。同社が2017年9月に提供を開始した「AIスコア・レンディング」は、利用者自身のさまざまなデータを最新のAI技術を活用してスコア化し、そのAIスコアをもとに、個々人にふさわしい条件を提示してレンディングを行うサービスだ。

J.Scoreメンバーサイトにログインして情報連携を行う
J.Scoreメンバーサイトにログインして情報連携を行う

 J.Scoreは、ヤフーが提供する「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」の「AIスコア」への情報連携を6月21日から開始した。J.ScoreのメンバーアカウントとYahoo! JAPAN IDを持ち、かつ情報連携に同意した人の「AIスコア」に、「Yahoo!ショッピング」ならびに「ヤフオク!」の利用情報が連携される。情報連携を行うことで「AIスコア・レンディング」のレンディング適用金利を0.1%引下げる(※)。

 連携開始に伴い「AIスコア・レンディング」の最低金利が0.9%から0.8%となる(みずほ銀行およびソフトバンクとの情報連携を行った場合に限り適用。金利引下げには一定の条件が必要となる)。

 この連携によってJ.Scoreは、金融、通信、イーコマースの3種類のビッグデータの活用が可能となる。また今後、連携により得られる購買・落札・出品履歴といったイーコマースサービス上での利用情報を、利用者の「AIスコア」に反映(スコアアップなどの変動)することを予定している。

※情報連携時に、前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」または「ヤフオク!」における購買・落札実績がある、または「Yahoo!プレミアム」会員であることが条件となる。

【関連記事】
SBIクリプトインベストメント、AIを活用したバイサイドのトレーディングシステムを提供する米企業へ出資
三井物産とヤフー、ダイナミックプライシング事業の合弁会社を設立
ヤフーと三井住友フィナンシャルグループ、デジタル業務を担う合弁会社を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5