MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

リクルート、グラスドアの買収完了、売上収益の見込みを上方修正

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/22 09:00

 リクルートホールディングスは、求人企業に関するクチコミを集約しデータベースを提供している米Glassdoor社の株式取得完了を発表した。

 リクルートホールディングスは5月9日、米国未上場企業Glassdoor(グラスドア)の発行済全株式を、子会社を通じて12億米ドルで取得したと発表した。Glassdoor社は、求人企業に関するレビュー(クチコミ)や給与情報等に関するオンラインデータベースを求職者に提供することで、求人企業の透明性を高めたことで知られている。

 Glassdoorのサイトでは、職種、企業、給与、勤務地だけでなく、面接の様子などもチェックできる。面接を受けた人や実際に入社した人が、企業に対する評価をさまざまな角度から評価し、良い点と悪い点がはっきりと書かれている。アプリでは、仕事を探すだけでなく、「Know Your Worth」というツールを使って自分の基本給が平均に対してどのあたりに位置しているのかを知ることができる。

 リクルートホールディングスは6月21日、Glassdoor株式の取得完了を発表。それににともない、連結業績への取り込みが当初の見込みである「売上収益160億円、EBITDA△30億円、調整後当期利益△31億円程度の見込み」から、「売上収益182億円、EBITDA△35億円、調整後当期利益△35億円程度の見込み」へ変更すると発表している。

【関連記事】
リクルート、インドの企業間決済プラットフォームを提供するOpen Financial Technologiesへ出資
もっとも信頼が高いクチコミは「実体験」 話題のステマ、消費者は簡単に踊らない
企業の人手不足、49.1%が正社員不足 「求人難」型の倒産が前年比2.2倍に増加

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5