MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

銀行口座からもペイパルが利用できる新機能、みずほ・三菱UFJら6行が参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/25 16:30

 ペイパルは、企業・個人・銀行をつなげて、より手軽な送金や受け取りが可能になる新機能を発表した。

 PayPal(ペイパル、本社:シンガポール)は、従来のクレジットカードでの支払いに加えて、新たに銀行口座からもペイパルの利用が可能になる機能を発表した。ペイパル口座に、対応する銀行口座を連携させることで、クレジットカードを持たないユーザーも銀行口座の振替機能を使用してペイパルの利用が可能になる。

 主な機能は3つ。まず、対応する銀行口座の振替機能を使用してショッピングや決済が可能になる。現時点で対応する銀行は、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行の6行。ただし、銀行口座からペイパル口座へのチャージは不可。ビジネスを対象としたサービスであり、個人間の送金は対象にはならない。

 次に、個人ユーザーはペイパル口座で1回あたり10万円までの支払いの受け取りができるようになる。対応する銀行口座とオンライン連携することで本人確認を行い、1回あたり100万円までの支払いの受け取りや銀行口座への引き出しが可能になる。

 最後に、企業は個人ユーザーのペイパル口座(メールアドレス)と金額を指定するだけで簡単に支払いができるようになる。国内外にリアルタイムで支払うことができることに加え、API連携による手続きの自動化などでコスト削減にもつながる。以下のパートナー、マーチャントのサービスが利用可能になる。

【関連記事】
セブン銀行ら、企業から個人への送金が手軽にできる口座不要の「現金受取サービス」
LINE Pay、10円を送るとローソンやマクドの商品がもらえるキャンペーン「10円ピンポン」
住信SBIネット銀行、ID型決済サービス「PAY ID」での即時口座支払いに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5