MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

インドの食はカレーだけじゃない! 試したいのはウイスキー、ヨーグルト、青汁も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/01 08:00

 インドの食はカレーだけにあらず。いま、インド発の新たな魅力を携えた商品が日本で続々と販売されている。

 まずはインド発のウイスキー。昨年末から国分グループ本社(本社:東京都中央区)が、インド産シングル・モルト・ウイスキー「ポール・ジョン」の発売を開始した。日本初輸入となったこちらは、すでに世界24カ国で販売されている1本で、種類はバーボン樽に5、6年熟成させた「ポール・ジョン ブリリアンス(6,480円・税込、700ミリリットル)」など全5アイテム。実はインドは隠れたウイスキー大国。2016年にイギリスの酒類専門誌が実施した調査では、世界のウイスキー年間出荷量のベスト10ブランドにインドの企業が生産したものが、何と7つもランクインしていたという。希少性もあり、味は世界でお墨つきの同ウイスキー、日本での評価も注目が集まる。

ポール・ジョン ブリリアンス(希望小売価格 6000円、税別)甘さとスパイシーさのバランスと、蜂蜜のような滑らかさとクリスピーな味わいが特徴

ポール・ジョン ブリリアンス(希望小売価格 6000円、税別)
甘さとスパイシーさのバランスと、蜂蜜のような滑らかさとクリスピーな味わいが特徴

 続いてはインド発のヨーグルト。インドの伝統的な発酵乳である「ダヒ」を使用しているのが特徴。ダヒは一般的な東欧系ヨーグルトとは発酵に使われる乳酸菌が異なるため、酸味が少なく、糖分を加えなくても誰もが口にできるのが特徴だ。

 そこでスポットライトが当たるのが「ダヒ・ヨーグルト種菌」。日本ではレインビオ(本社:愛知県田原市)が取り扱うこの種菌があれば、手軽に自家製ダヒを楽しむことができる。まずは市販の牛乳1リットルパックにダヒ・ヨーグルト種菌を1包加え、後は室温で約1日程度寝かしておけばよい。まずは2包入り(960円・税込)で試してみたい。

 3つ目は世界が注目するスーパーフードのひとつ、インド原産の植物「モリンガ」を使った青汁だ。このモリンガをサッと1杯と、手間なく愛飲できるのが日清食品(東京本社:東京都新宿区/大阪本社:大阪府大阪市)の「奇跡のモリンガ青汁(4,968円・税込、1包3.5グラム×30包入)」。同商品はモリンガの青葉に、オリゴ糖や食物繊維ほかを配合した粉末飲料で、水や牛乳に溶かせば出来上がり。苦味もなくスッキリとした味わいなので、これからの季節は、喉の渇きをいやすドリンクとしても重宝しそうだ。

「奇跡のモリンガ青汁」は105g(3.5g×30包)で希望小売価格4,600円(1箱/税別)手摘みの有機栽培モリンガ青葉を100%使用し、1包あたり200億個のリフレクト乳酸菌 (T-21株)、食物繊維、オリゴ糖を配合

「奇跡のモリンガ青汁」は105g(3.5g×30包)で希望小売価格4,600円(1箱/税別)
手摘みの有機栽培モリンガ青葉を100%使用し、
1包あたり200億個のリフレクト乳酸菌 (T-21株)、食物繊維、オリゴ糖を配合

 食のさまざまな場面で出会うインド発の一品。今夏はカレーに加えて新たな一品を試してみるのもよさそうだ。

【関連記事】
意外な会社が運営する、個性的なお菓子屋さん 広がるお菓子の楽しみ方
「コーヒー」が苦手な人も楽しめる てん茶ブレンド・凍らせて楽しむ・大麦使用の一杯
海の幸を使ったスイーツ続々 焼きウニアイスや魚のすり身を加えたワッフルなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5