MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

楽天市場でトヨタのカタログ請求が可能に、ECがクルマ購入の新たな接点に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/02 09:00

 トヨタ自動車は「楽天市場」に、新型車のカタログ請求ができる初の公認外部ECサイト「TOYOTA楽天市場店」を開設した。このサイトからカタログ請求を行うと、トヨタのカタログ配送プラットフォームと連携され、新型車のカタログを郵送で受け取ることができる。「TOYOTA楽天市場店」は、6月26日に日本で発売された新型「カローラ スポーツ」のカタログを取り扱い今後はECサイトを起点とした様々な消費体験を提供する。

 消費者のメディア接点が多様化する中、自動車購入検討時においてもインターネットでの情報収集が中心になっている。楽天市場は自動車関連用品などの取り扱いが豊富で、自動車に関心の高いユーザーや買い替え時期を迎えるユーザーなどが多く集まっている。

 自動車メーカーは楽天市場に出店することで、こうしたユーザーに商品情報を訴求することができる。また、楽天データマーケティングも協働することで、約9700万の楽天IDや消費行動分析データをはじめとするビッグデータの活用が可能になり、「ファミリー層」「アウトドア好き」などのユーザー像を推定して付加するなど、これまでにないマーケティング施策が可能となる。

【関連記事】
メルセデス・ベンツが定額利用サービス開始、アウディ、ポルシェらも参入し高級車ビジネスに変化
クレジットカード満足度、年会費1万円以上では「楽天」、1万円未満では「エポス」が1位【J.D. パワー調査】
ジブンハウス、「スマホで家を買う」を実現する新サイトをオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5