MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

旺文社ベンチャーズ、EdTechに特化した10億円のファンドを組成、海外への投資も視野に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/05 08:00

 老舗出版社の旺文社が、EdTech(エドテック)に特化した10億円のファンドを組成。国内出版業界でははじめての取り組みとなる。

 旺文社ベンチャーズは10億円のファンド(旺文社イノベーションファンド1号投資事業有限責任組合)を組成し、2018年6月から本格的に活動を開始した。主にアーリーからミドルステージを対象とし、出資規模は主に数千万~5000万円を想定。旺文社や提携・関連企業のアセットを活用して、国内外のEdTechスタートアップ企業とともに、イノベーションを加速させる。

 通信添削、受験情報誌、英単語帳などで知られる旺文社は1931年の創設。現在では、多様なデバイスでの学習コンテンツの提供や、学習アプリ、進学情報ウェブサービスなどEdTech事業を推進してきた。国内外で認知科学、教育用ロボット、AI、VR、ARなどの技術を活用したEdTechスタートアップへの投資が急速に拡大していることから、スタートアップ企業との連携によるシナジーを生み出すため今回のCVC(Corporate Venture Capital)設立に至った。

世界のEdTechスタートアップ資金調達推移
世界のEdTechスタートアップ資金調達推移

 このファンドでは、主に認知科学、教育用ロボット、AI、VR、ARなどの技術を活用したEdTechや、教育分野におけるAdTechを対象とし、旺文社や提携・関連企業との事業シナジーを考えて出資する。

 また、世界最大級のEdTechスタートアップコンペティション「The Global Edtech Startup Awards(GESA)」の本年度日本予選を主催しているEduLabと連携し、有望なEdTechスタートアップ企業を発掘・支援する。海外についてもEduLabと連携し、中国やインド、シンガポールなどのアジア圏、北米など世界の市場に投資領域を広げていく。

【関連記事】
SBIグループ、AIベンチャーのABEJAに出資、金融分野への本格展開を支援
双日がフィンテックベンチャーと提携、新興国で自動車販売・販売金融事業を拡大
2017年のフィンテック投資額は過去最高の274億ドルに【アクセンチュア調査】

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5